女性用バイアグラの正しい使い方を教えます!

女性用濡れ薬ダイフルカンを媚薬として使おう

快適で充実した性生活のためには、男性側だけでなく女性側の努力も求められます。
膣の潤いが不足しスムーズな挿入ができないため、性交に苦痛を覚え男性に対して消極的になってしまう女性が少なくありません。
そんなときには女性用の媚薬を使用することが、ひとつの解決方法となります。
男性用のED治療薬には、確かな効果を認められた製品が何種類も出回っています。
しかし男性と女性の性機能は全く異なるため、ED治療薬をそのまま女性用の濡れ薬として利用できるとは限りません。

最近では女性用の濡れ薬にも、一定の効果を期待できる製品が発売されています。
ダイフルカンはもともと真菌症の治療薬ですが、女性器に潤いを与える薬としても注目を集めています。
インターネットで見かける記事によると、ダイフルカンは性交の1~2時間ほど前に服用すれば、3~4日ほどの効果が持続するとされています。
ただし即効性については疑問があり、飲んですぐに濡れるという薬ではありません。

ダイフルカンは膣内の真菌を退治して、清潔に保つ効果があります。
膣内は雑菌が繁殖しやすく、不潔にしていると不快なおりものや悪臭の原因になります。
また炎症を起こして痛みやかゆみを感じることがあり、これが性交痛や違和感に繋がって、オーガズムを妨げている場合があります。
こうした症状が改善されれば、ペニスの挿入もスムーズになり、性感をアップさせることが可能です。
ダイフルカンが女性用の濡れ薬として使われるのは、このような理由によります。

ただしダイフルカンは、男性用のED治療着と同じで、性欲を増進させる効果は期待できません。
女性用の媚薬といっても、気分を盛り上げる役には立たないので注意が必要です。
また当然ながら、男性が服用しても効果はありません。
濡れ薬として使うときは、ある程度余裕を持って準備することが大切です。
一度服用すると、膣内を清潔に保つ効果は3~4日程度は持続すると言われています。

ダイフルカンは性器カンジダ症にも効果がある

ダイフルカンは性病のカンジダ症にも効果があります。
性器カンジダ症はカビの一種であるカンジダ菌が、膣の周辺で繁殖することにより発症する病気です。
膣粘膜が炎症を起こし、かゆみや不快感を引き起こすほか、膣分泌液の減少にも繋がります。
比較的ありふれた性病ですが、性交症以外でも感染する可能性があるので要注意です。

ダイフルカンの主成分はフルコナゾールで、副作用の比較的少ない抗真菌薬として知られています。
真菌つまりカビの細胞膜が合成できないようにして、繁殖を抑える作用があります。
フルコナゾールには錠剤のほか注射薬やシロップの形があり、性器カンジダ症だけでなく呼吸器や尿路のカンジダ症の治療にも用いられています。
吐き気や下痢などの副作用がありますが、重い症状になることはほとんどありません。
ただし一部の睡眠薬との併用は禁忌とされており、妊娠中の方も服用できません。

性病を治療するという目的があれば、ダイフルカンは医療機関で保険が適用されます。
しかし濡れ薬として使う場合には保険が利かないので、自費で購入しなければなりません。
一部のクリニックでも濡れ薬として処方を受けられますが、少しでも経済的負担を軽くしたいなら、個人輸入を利用するという方法があります。
いちいち医師の診察を受ける必要がなく、好きなときに安価で入手できるので便利です。

本来は感染症の治療薬なので、使いすぎや副作用には注意が必要ですが、性交痛などがあって性生活に困難があるときは、ダイフルカンの力を借りるのも悪くありません。
セックスしたい気持ちはあるが、思うように濡れてこないというとき、体調を見ながら服用するのが効果的な利用法と言えるでしょう。

おすすめ記事