女性用バイアグラの正しい使い方を教えます!

不感症は生活習慣を整え治す

不感症は生活習慣を見直す事で、整え治すことが出来ます。
ライフスタイルが何かと乱れやすいのが昨今の世の中です。
また最近は女性も社会進出を果たしており、共働き世帯も増えて来ました。
不感症は女性ホルモンのバランスが乱れる事でも発症します。
裏返せば女性ホルモンの健全化を生活習慣の改善で図れば、家庭レベルでも十分対応が行えます。

最初に気を付けたいのがストレスの溜め過ぎです。
仕事熱心で責任感が強い女性は、良くも悪くも目の前の業務について全力投球してしまいます。
仕事に精神力と体力のすべてをつぎ込む女性は案外多く、短期間であれば良い事ですが、毎日仕事を全てのエネルギーを投じていてはストレスが蓄積するばかりです。

また人間関係のストレスも不感症の遠因です。
親しい人と喧嘩をする、両親や姉妹に八つ当たりをする、職場で部下や同僚に対してきつい態度で接する等、こういった対応は人間関係の悪化を招き、巡り巡ってその反動が自分にやって来ます。
ストレスを出来る限り溜めないには、穏やかな毎日を送るように意識する事です。

元々神経質な女性は些細な他人の言動にもストレスを感じてしまいますが、そこは訓練です。
良い意味での鈍感さを鍛える事が不感症の改善と予防に欠かせません。
世の中には失礼な言動や態度をする人々がいるものですが、一つ一つに目くじらを立てていてはストレスフルな日々になり、結局自分の健康を損なう事になります。

強いストレス状態が続くと、落ち着きホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌量が不安になり、神経伝達機能が鈍化します。
神経伝達機能が鈍くなると、外部からの刺激に鈍感になり、五感の働きも悪くなります。
神経伝達機能が鈍化する事で、性的な刺激を受けても成人女性としての性機能が正しく働き辛くなり、不感症へと至ります。
セロトニンの量が平均値を下回るとうつ病のリスクも高まります。

真面目過ぎる事は百害あって一利なしです。
勤勉な女性には難しい事ですが、良い意味でいい加減な性格になる努力が必須です。

ホルモンバランスの乱れは食生活と運動不足から

ホルモンバランスの乱れは食生活によっても引き起こされます。
毎日ファストフード店やファミリーレストラン、そしてコンビニエンスストアの食事ばかりを摂取している女性は危険かもしれません。
そういった場所での食事は脂質や糖分、そして塩分などが非常に多いです。
高カロリーな料理も多く、毎日ハンバーガーやステーキ、牛丼やカルボナーラやスイーツばかりを三食、食べていれば、もれなく肥満になってしまいます。

肥満もまた女性ホルモンの乱れを誘発します。
糖分や塩分や脂質は、人が生きる上で必須な栄養素ですが、必要以上に摂取すると肥満と不感症の遠因となります。
予防するためには緑黄色野菜や根菜、そしてお魚をメインにした食生活に改善しましょう。

加えてホルモンバランスの乱れは運動不足からも発生します。
毎日自宅と会社の往復で、一日が終わってしまっている女性陣は要注意です。
また都会はどんどん街並みが便利になって来ています。
動く歩道にエレベーターやエスカレーター、電車やバスなど、色々な公共交通機関と設備があり、ほとんど体を動かす事なく、通勤が出来るようになっています。

今やごく普通に働いているだけで、運動不足に陥る世の中です。
運動不足が日常化すると、貧血の症状も現れます。
血流が悪くなるためです。
運動不足でありながら尚且つストレスフルな日々が継続すると、睡眠の質も悪化します。
睡眠不足になると、更にそれが貧血や不感症のリスクを育てます。

運動不足を改善するためには、毎日少しでも体を使う意識を持つ事です。
多忙な女性でも、自宅に帰宅した後、散歩に出かけてみたり、わずかな時間でもジョギングしてみましょう。
また最近は自宅で出来る筋トレやエクササイズなどがDVDを通して習えますので、それを実践するのもオススメです。

おすすめ記事