女性用バイアグラの正しい使い方を教えます!

最近濡れにくくなった』『感度が落ちている気がする』という女性は年齢を重ねるごとに増えていきます。
濡れにくくなった状態での性行為は苦痛以外の何物でもありません。
女性にとって性行為は愛情を計る一つの行為ではあるものの、苦痛を伴うようになると安易にしたいとすら思えなくなってしまうのです。
人には相談できないこともあり、一人で悩んでいる女性が増えています。

そこで活躍してくれるのが女性用バイアグラ。
バイアグラと言えば男性の薬というイメージが強いのですが、実は女性用のものも販売されています。
服用した女性たちは悩みが解消されたと実感している人も多いようです。
今回は女性用バイアグラがなぜおすすめなのか、その理由と正しい使い方についてお話していきましょう。

女性用バイアグラの成分はED治療薬と同じ!?

実は女性用バイアグラとしては販売されている商品の成分は、ED治療薬と同様のものであることをご存知でしょうか。
簡単に言うと、女性用バイアグラというものは存在しておらず、男性の勃起不全の治療に用いられるED治療薬を女性が服用することでその効果を得ることができるというものなのです。

もともとED治療薬というのは、血流を改善し、陰茎部に血液を集めることで勃起力を高めそのまま持続させることができるものです。
これと同じように女性がED治療薬を服用すると陰部の血流が良くなり、分泌物が促進され、結果的に濡れやすくなり、不感症に効果的であるということになります。
女性用バイアグラとしても有名なのがラブグラという商品ですが、この主成分がシルデナフィルです。

性行為が楽しめるようになる効果がある

シルデナフィルは、勃起不全や肺動脈性高血圧症の治療薬として使われており、バイアグラの成分としても有名です。
女性がこの成分を服用することで、陰核や外陰部、膣周辺の血流を良くし、膣内に潤いを与えてくれます。
膣内がしっかり潤うことで挿入時の痛みを感じなくなったり、性行為自体を楽しむことができるようになる効果を実感できるでしょう。

性行為に苦手意識を持つ女性は多い

女性は性行為に対して積極性を持っている人が少ないのですが、実はあまり濡れていない段階で挿入され痛みを伴った経験を持つ人も多く、それによって苦手意識を抱いてしまう人もいるのです。
そのような経験があると、性行為に対して積極性を失い、次も痛みが伴うのではないかと不安になってしまいます。
女性は精神的な影響が体に出やすく、そう思えば思うほど濡れにくくなってしまうのです。

また加齢が進むことで膣内の潤いが不足してしまうことは珍しい話ではありません。
ローションなどを使用して性行為を行うことも可能ですが、感じにくくなってしまうこともあるでしょう。
男性自身が女性の気持ちに寄り添った行為を行えていれば問題ないでしょうが、実際には女性の気持ちを無視した男性も多く、夜の生活に不満を抱いているのです。

しかし、女性はそのことを告げることを拒んでしまいます。
男性を傷つけてしまうのではないかと思い、本当のことを言えなくなってしまうのです。
本当は一緒に性行為を楽しみたいと考えています。
伝えることが難しいのであれば自分で改善していくしかありません。

ラブグラがオススメ

代謝をあげて血流を良くすることやローションを使用することなど色々試してみても効果を実感できなかった場合は、女性用バイアグラ『ラブグラ』を服用してみましょう。
『ラブグラ』は元々あった女性用バイアグラのジェネリック医薬品であり価格も先発のものに比べたら安価で手に入れることができるようになりました。
ジェネリック医薬品と聞くと効果が悪いのではないかと勘違いしている人もいるようですが、ジェネリック医薬品は先発商品よりも優れていることが多く、使用した人の意見などを取り入れ改善されています。

例えば、先発薬の錠剤が大きくて飲みにくかったのであれば、そのサイズを変更するなどの改良が加わっているのがジェネリック医薬品です。
国が推奨しているのもジェネリック医薬品。
消費者としては安価で同じ成分の薬を手に入れることができるのもメリットと言えるでしょう。
『ラブグラ』は先発薬を改良したジェネリック医薬品ですが、効果は以前と比べても変わりません。

ED治療薬と同じ効果を得ることができる女性用バイアグラ『ラブグラ』は、シルデナフィルの作用によって膣周辺の血流を改善し、膣内を潤わせることができる為、性行為に対して積極的に行動することができるでしょう。
また、シルデナフィルは、効き始めまでにかかる時間が30分と早く、持続時間も5~6時間となっていますので、服用しやすいというメリットがあるでしょう。
シルデナフィルは正しく服用すれば安全性が高い成分でもありますので、濡れにくいと悩んでいる人は一度検討してみてはいかがでしょうか。

女性用バイアグラで不感症を改善

女性用バイアグラの副作用は?体に悪影響はある?

女性用バイアグラについて考える女性そもそも女性用バイアグラは1998年に開発され承認された薬です。
膣内が濡れにくいことや感じにくいという女性向けに効果があると言われ、女性の悩みを解消してくれます。
服用方法としては、性行為をする予定の約45分程度前に服用しましょう。
食後2時間程度空けておくことが大切です。
効果時間は約5時間~6時間持続すると言われているのです。
ただし、硬化には個人差があることを頭に入れておきましょう。

女性用バイアグラの具体的な副作用

では、女性用バイアグラの副作用はどのようなものなのでしょうか。
一般的な副作用として挙げられるのが、頭痛やめまい、顔のほてり、消化不良、鼻づまりが起こる可能性があります。
また女性にとって生理への影響が心配という人も多いのではないでしょうか。
女性用バイアグラの副作用として報告されている中で、生理不順になってしまったという人はいないようです。
副作用としては生理への影響はないと言えるのかもしれません。

頭痛

また、副作用として挙げられるのが頭痛です。
血流を良くする薬ですので副作用として頭痛が出やすい傾向はあります。
人によってその程度は異なりますが、アルコールを飲んだ時の軽い頭痛に似ていると表現する人もいるようです。
吐き気などは報告されていないようですが、人によっては吐き気を感じることもあるでしょう。

鼻づまり

一番多い副作用として挙げられるのが、鼻づまり。
服用して30分後くらいに鼻づまりの症状が出た場合は、効果が出てきた証拠として受け止めることができます。
基本的にはそこまで気にならない程度の鼻づまりの人が多いようですが、気になる人は半錠から服用してみることをおすすめします。

副作用が出たら医師に相談を

副作用が出るか出ないかは女性用バイアグラだけではなく薬全般に言えることです。
人によっては不快に感じるレベルのこともあるでしょうし、そこまで感じないということもあるでしょう。
あまりにも体調が悪いとなった場合には、服用をやめ、医師に相談することが大切です。

女性用バイアグラには禁忌事項がある

また、女性用バイアグラは禁忌事項があり、妊娠中の方は服用することができませんし、18歳未満の方は服用しないようにしてください。
さらに飲み合わせてはいけない物も存在しています。
例えばグレープフルーツなどと服用すると体内への吸収を速めてしまう為、飲み合わせてはいけないと言われています。
また、アルコールと一緒に服用してしまうと効果が無くなってしまうのです。

服用方法

女性用バイアグラの本来の効果を実感する為には、水かぬるま湯で服用するようにしましょう。
また、決められた用法・用量を守ることが副作用を避ける為にも必要なことです。
まずは正しい飲み方をマスターしておきましょう。
今回は女性用バイアグラのジェネリック医薬品『ラブグラ』の服用方法をお話しします。
製剤によって異なりますので、お使いの医薬品の服用方法をしっかり確認してから服用するようにしてください。

服用タイミング

飲むタイミングですが、『ラブグラ』は空腹時に服用すると一番効果を発揮すると言われています。
食後2時間経過した辺りが適しているでしょう。
油分の多い食事を摂取した場合は、3時間程度空けると効果的です。
1錠の成分配合量が100mgと多い為、初めて服用する方は2分の1もしくは4分の1で服用してみることをおすすめします。
効果を感じなかった場合には、2分の1もしくは1錠で服用しましょう。

正しい服用方法でなければ効果は出ない

口コミなどで「効果がない」と言っている人のほとんどが服用方法を間違えていることが多く、さらに効果が出始めるまでには30分は必要ですので、服用するタイミングを間違えてしまうと効果を実感できないまま終わってしまうでしょう。
その為、正しい服用方法を実践することが女性用バイアグラには必要なのです。
実際に正しい服用方法で飲めた人はその効果を実感できているようですので、「効果がない」と諦める前に服用方法を確認してみましょう。

媚薬として用いられる女性用バイアグラ

媚薬とは、性欲を高める薬だったり、恋愛感情を起こさせるような薬に対して使われる言葉です。
その点で言えば、女性用バイアグラも媚薬の1つとして考えることができます。
実際には恋愛感情を起こさせるような媚薬ではありませんが、性欲を高める効果は期待できるのではないでしょうか。
惚れ薬として女性に媚薬を飲ませるなんてことは意味がなく、そのような使い方はあまりおすすめすることができません。

あくまでも女性の性欲を高めてくれる為に使用するものであり、服用した女性が男性に好意を抱く媚薬や惚れ薬などではありませんので注意しておきましょう。
ただし、女性が性的興奮度を上げたい時や濡れやすくする為には効果を発揮してくれますので、その場合のみ服用してみることをおすすめします。

性行為に嫌悪感を抱く女性が多い

昨今ではセックスレスが話題になっていますが、この背景には女性が性行為に対して嫌悪感を抱いているケースが多いようです。
特に夫婦間の場合は、夫が妻の気持ちに寄り添わず、自分勝手な性行為を行うというパターンが多いのです。
自己中心的な性行為では女性は興奮するどころか冷めていく一方ですし、頭が冷静になってしまうと体も拒否反応を起こすようになります。
女性側からのセックスレスの場合は、男性に対して嫌悪感を持っていることも多く、事態は深刻と言えるのではないでしょうか。

セックスレスの原因になる

また、これが年齢を重ねた夫婦であればそこまで改善をと思わなくてもいいのでしょうが、昨今は若年層でも起こっているというのですから驚きです。
性行為は一種の愛情表現です。
それがなくても良いと割り切ってしまうカップルが多く存在し、問題になっています。
セックスレスはお互いが納得した上であれば問題ありませんが、片一方が不満に思っているのであればそれは大問題と言えるでしょう。

薬で性行為を助長させる

セックスレスの改善やマンネリした性行為を打破する為にも、このような薬を服用してみるというのも1つの手であると言えます。
ただし、先ほども言いましたが、相手に了承なく飲ませるということは絶対にあってはいけません。
あくまでも同意の上で服用することが大切です。
また、女性用バイアグラに関しては媚薬として扱われてはいませんので、日常生活の中でも欲情するなどはありませんので安心して服用してください。

ネット通販で薬を購入できる

感度が落ちてしまって悩んでいる女性、濡れにくく挿入時に痛みが伴う女性は一度試してみることをおすすめします。
また、人にバレないように購入したいという女性はネット通販がおすすめです。
日本国内では市販薬として販売されていませんので、基本的に海外からの輸入になります。
自分で輸入する方法もありますが、知識がない人が取引を行うとトラブルになりかねませんので、代行業者を通じて購入すると安心です。

悪質なサイトには気を付けて

ただし、サイトが悪質であることも考えられますので、利用するサイトが適切なものなのかを判断することが必要です。
最近では服用した人のレビューなども閲覧することができますので参考にしてみましょう。
商品が商品なだけにトラブルが起きても泣き寝入りしてしまう女性も多い為、安全性が確立されたサイト経由で購入するようにしましょう。

性行為に満足できるかは気持ちの問題もある

女性は自分が濡れにくくなると自分が悪いと思いがちですが、それは違います。
簡単に言えば、性行為自体を幸せなことだと感じていないから濡れにくくなるのです。
そのように感じさせてしまう男性の性行為も問題なのです。
男性自身が自分の性行為を見直すことも必要になってきます。
自分よがりな成功では女性が楽しむどころか苦しくなるだけです。
また、女性も自分の体についてしっかり学び、嫌な時には伝える努力も必要となってくるでしょう。

幸せな性行為をすることで女性はより美しくなりますし、魅力的になっていきます。
自分で改善できない時には女性用バイアグラを服用してみるのも良いでしょう。
幸福感を得るような素敵な性行為を目指してください。